新宿整体院 新宿駅徒歩2分の腰痛整体 人気整体のソフト無痛整体です 腰痛ぎっくり腰ヘルニア 評判の小顔矯正、骨盤矯正、顔の歪み、面長矯正、オスグッドまで 新宿駅前の整体院

新宿整体院 新宿美容整体 腰痛美容整体院 評判小顔矯正、ダイエット骨盤矯正、腰痛、肩こり頭痛、偏頭痛、体の痛み、しびれ

半月板損傷

新宿整体院・女性専用・小顔矯正・美容整体・ブライダル整体・肩こり・腰痛・頭痛 半月板損傷・膝の痛みに 新宿整体院



半月板損傷・膝の痛みはどのような原因なのでしょうか。

膝の痛みで「半月板損傷」と整形外科で診断される方はとても多く、
当新宿整体院に膝の痛みで訪れる方の多くが、半月板損傷です。
手術しなくても大丈夫です。手術後のリハビリで痛みが出ている方も多くいらしています。


そもそも半月板とは膝の中でどのような役割をしているのでしょうか。
まずは半月板損傷をそこから知っておきましょう。

新宿整体・膝のしくみ・半月板損傷・膝が痛い

半月板は弾力のある貝柱のような線維軟骨とよばれる軟骨でできています。
半月板はひざ関節の内側・外側のすきまにあり、関節に安定性を与え、クッションの役目もしている三日月形のものが半月板です。

半月板損傷というと半月板自体が痛い
イメージをされる方も多いと思いますが、
上に書いてある通り半月板そのものは軟骨です。
半月板には血管や神経などは無いので半月板自体が痛みを発することはありません。



半月板は膝にひねりが加わるスポーツ
(例:バスケット、ラグビー、サッカーなど)で損傷を起こすことがあります。
また、高齢になると少し膝をねじったり、掘りごたつのようなところから
立ち上がる動作などで半月板を損傷する場合もあります。

特に、内側(ないそく)半月板損傷はスポーツによる外傷で発症することが多く、
外側(がいそく)半月板損傷は生まれつき半月板が大きい場合
(円板状半月板)に発症することが多いのが特徴だと言われています。
当整体院には病院で半月板損傷の手術を勧められた方も来院されています。
半月板損傷・膝の痛みはあきらめないでご相談ください。



新宿整体院・女性専用・小顔矯正・美容整体・ブライダル整体・肩こり・腰痛・頭痛 新宿整体院 地図


新宿の女性整体師、女性に優しい新宿整体院

半月板損傷でお悩みの方都内整体を受けるなら
新宿駅から徒歩2分の新宿美容整体院

半月板損傷腰痛・むち打ち・首の痛み・坐骨神経痛ぎっくり腰むち打ち治療・背中の痛み・頭痛・肩こり・肩の痛み四十肩五十肩首の痛み・めまい・不眠・寝違い・耳鳴り・手の痺れ・足の痺れ・足の突っ張り・半月板損傷骨盤の歪み・股関節の痛み・膝の痛み・顔、手、脚のむくみ・生理痛・O脚矯正・骨盤矯正・産後の骨盤矯正・猫背・テニス肘・野球肩・オスグット・半月板損傷・顎関節症・バネ指・外反母趾・有痛性外頚骨・側湾症・野球肩・すべり症・テニス肘・ゴルフ肘・生理痛・半月板損傷など症状はお気軽にご相談下さい。

半月板損傷の整体 ご予約はこちら

(半月板損傷の施術・腰痛整体・ご予約、問い合わせはお電話で!)
住所  新宿区西新宿7-1-7 ダイカンプラザA415
JR新宿駅から徒歩2分 東京メトロ新宿西口駅D5出口から徒歩10秒
営業時間 10:00~22:00(最終受付22:00)
定休日 水・土(研修等によりお休みをいただく場合があります。)
※予約電話は受付しております。
都内で整体・カイロ・マッサージ・鍼灸接骨院、整骨院などをお探しの方はどうぞ。

スタイル矯正、人気の小顔矯正、ウエストダウンの骨盤矯正等の美容整体院併設
新宿整体院は日曜祝日も営業しております。新宿整体院

口コミで評判半月板損傷施術新宿整体院

画像の説明 半月板損傷の治療 当新宿整体院は 口コミで評判になり

新宿区はもとより自由が丘、東中野、池袋、新橋、田町、目黒、渋谷、代々木、神田、上野、西日暮里、田端、大塚、原宿、五反田、高田馬場、駒込、鴬谷、浜松町、品川、恵比寿、上野、目黒、吉祥寺、日暮里、中野、世田谷、代々木、神田、浅草、新大久保、池袋、巣鴨、鬼高、船橋市、柏市、浦安、原木中山、西船橋 など

東京都以外からは千葉県・静岡県・神奈川県・埼玉県、海外からはイギリス・スペイン・スイス等遠方からも新宿整体へお寄り頂きご来院されております。


女性の生理痛・冷え性などのお悩みからマタニティ整体・産後の骨盤調整まで
新宿駅前の当新宿美容整体院では様々な症例を扱っていますので一度ご相談ください。半月板損傷が得意な新宿整体院

口コミで評判半月板損傷施術新宿整体院

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional